読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少しずつ削れてく純粋すぎる時。

それは、うたかたの日々

ずっとズレてる

日々のヒビ 果てしない たわごと わたしたちのこと おとのはなし

f:id:she_through_sea:20170121163539j:image

ジブリを観たあとは必ず久石譲さんのサウンドトラックを聴いてしまいます、こんばんは〜。

(実は最近、予約投稿なので全然ちがう時に隙間を見つけて書いてます)千と千尋の神隠しの余韻がまだ続いております。千尋がハクのおにぎりを食べるシーンで泣くこと通算…え?何度め?って位、泣いて (もっと色々と泣くところあるけれど)美しい描写が続くけれど一部?生々しい感じ… コマーシャルないと、こころが持たないぞ。銭婆の「一度会ったことは忘れないものさ、思い出せないだけで」って言葉に胸が痛くなってしまう。”その後 数分の映像が存在する都市伝説があるけど見た記憶が”っていうので あぁ分かってくれるひとがいたことが嬉しくて。あと何と言っても終わってエンドロールが流れ始めて木村弓さんの”いつも何度でも”が流れるけれど余韻を邪魔せずライアーの音色が声を邪魔しない感じでとても心地よいなあ、素晴らしい。久石譲さんのサウンドトラックを流していたら、そういえば!と思っていたことがあって。保育園時代に聴いていた天空の城ラピュタのサウンドトラック。あれに入っている”君をのせて”なのですが保育園時代のわたしは空から落ちてくるのを再現したくって、ここがあるはずなのにテレビでやる時はカットされているのとドゥンドゥドゥンっていう男のひとの謎の声というか音というか…あの音の謎と落ちる前の演奏をなんでカットしたの?という帰宅した彼にレポーターかよ、っていう位、質問を。彼はテレビバージョンしか知らなかった!なんてこったいパンナコッタ!!カットしたのは尺の関係じゃね?というのとドゥンドゥドゥンって音は最初”ごめん違う音きいてた”って言われたのだけれどサンプリングじゃない?って言われて、はぁあ〜ってなりました。恐怖の声はサンプリング。そのあと整形してる奴で賢いひとをみたことないという彼の持論が始まり、お前が性格が最悪だったら とっくに死んでいただろうよ、でも倒れたりしたときとかヤバかったとき周りに妨害されただろ?心配してくれるひとがいないなんて寂しいね、だって。うーん、励まそうとしてくれた?

話を戻して

山田孝之さんのカンヌも毎回面白いしその次にやってる超展開過ぎる謎のCG満載特撮だとか、これが華の金曜日かあ。彼に眠る前に首を切って脳に〜ごにょごにょっていう世界初の手術の話をされてヒェエー夢に出るから!出るから!っていうのを横にディオになれるね〜とか言ってた。成功して欲しいけれどきちんと生きられるのかなあ。そのあとは何故か宇多田ヒカルさんの最高傑作は何だって話になって。くるりのアルバム最高傑作より簡単だろうよ、こんなの(くるりのアルバムはアンテナ)と思っていた。宇多田ヒカルさんの最新作は聴いてません。アルバムだったらDEEP RIVER(あんま売れなかったし250円コーナーにあって泣いた)で即決なのに一曲となると決まらなくて。travelingかlettersか誰かの願いが叶うころかCOLORSか〜ってなってlettersと誰かの願いが叶うころは無くなってtravelingかCOLORSか悩んでるうちに眠ってしまった。彼は悩んで悩んでtravelingだと言っていた。

最近のわたしの朝は早い。待った、普通じゃん。だいたい朝の4時に寝て8時に起きて家事を進めて自分のやることをしている。不器用だからなのか要領が単純に悪いのか完璧主義が邪魔をしているのかは知らないけれど。ひとより早く動かないといつか追い越されてしまうんじゃないか淘汰されてしまうんじゃないかという恐怖があって。今日もコーシー片手だよ、落ちないことを祈るよ。さっき何にもないところで転けたり身体の不調もあるけれど彼と過ごせる時間はやっぱり圧倒的に少ないので、その時間にケンカはしたくないから彼の帰宅時間までに戦ってます。過ごしやすい居心地がいい場所に。気配りの出来るナオンになるのよ!制限があるなかで過ごすからこそ自由のありがたみって感じられるのかなぁ。普段言いたいことは口に出して言えないから、はてなハイクで独り言やってます。今年初めてホカロン貼った、3個ニットワンピースのお腹のとこにつけていて、その存在を忘れたまま外に出てしまったし、この間、無意識なのだけれど”美味しそう”ってお皿にのってるものが犬の餌のコマーシャルで爆笑されたしグダグダです…あぁあ ではまた〜

広告を非表示にする