読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少しずつ削れてく純粋すぎる時。

それは、うたかたの日々

30歳カウントダウン!若いうちにやっておけば良かったこと :美容編

 f:id:she_through_sea:20170204151211j:image

今週のお題「私のタラレバ」

お題もちょうど、”たられば” だし良いかな。

30歳になるまであと少し(春生まれなのです)いま20代のことを振り返ると、あぁ〜もっと早くしておけば良かったな!って思うことあります。あるよね?普通のひととズレているかも知れないので参考にならないかもしれません。でも、やっておいて良かったことを書いていこうかな、って思って筆を執った次第です。良ければお付き合い下さいませませ〜。

※今回は女性のこと(とくに顔まわり)エトセトラなので興味なければ、ここでストップして良いですよ〜( ¨̮ )/

 ◯ もくじ ◯

成人するまえのわたし

  • 化粧はしたことない
  • お洋服は基本的に古着
  • メガネがないと動けない
  • 髪の毛は千円カットで切るか自分で切っていた

 ・・こんな感じ。お洋服は好きでした。リメイクもしてたり。

ハイブランドのものは持ったことなかったですね。

成人式で初めてしてもらったフルメイク

成人式は確か何もないお休みで眠ってました。でもまあ成人したんだしっていうことで3月に写真館で振り袖を選んで初めてプロの方にヘアも含めてメイクをして頂きました。振り袖は綺麗な朱色のもの。髪の毛も胸辺りまであったのでヘアアレンジも凄かったです。でもね、いまでも鮮明に覚えているんですけれど わたし目が悪いんですよ。写真撮るときにメガネなんかしないじゃないですか。周りを見るのもやっとで全然違うところ見てたり写真館のひと泣かせでしたね。ヘアにこだわりたければ行きつけの美容室さんがあれば、それなりに髪の毛もアレンジしてくれます。行きつけなんかなかったよ‥でもおばあちゃんおじいちゃん優しかった。訳あってこの写真は持ってないので悲しいですね。

 20歳で初めてのメイク道具を買う

 

何もかもが遅かった20代 

いや、ほんと。大学生になってもお化粧してなくって仲良くしていた年上の男のひとに”化粧とか眼鏡を外すとかすればな〜”と言われても、ふーん、そっかぁ。でもやりたいことあるから後回し、後回し。そんな感じでした。一応、大学生でしたし働いていたしバンドのスタッフもしていたし自分のやりたいことに向けて時間を割いて水面下でやったり、ライブ行ったり映画観たり、それなりに忙しかった(遊んでた?)気がします。そういえば小学生のころからの友人にでさえ、”せめて眼鏡かえよ?”と言われてzoffに行ったりもしました。うん、遅い。高校の時から大学生のころって親にあげてた家の生活費とCD代で消えてたかな…

 ある日いまは旦那さんの彼に、”そういえばお前 顔、変わらないな”と言われたことがある。え、化粧したことない…って言いました。目がテン。そうしたら彼は昔モデルとお付き合いしていた事実を知りました。なのでドラッグストアの化粧品コーナーで予算を決めて(2000円だった)初めてお化粧品を購入しました。当時購入したものは

こんな感じでした。ビューラーは資生堂のもので

それ以外はキャンメイクちふれセザンヌと所謂プチプラコスメです。

初めて買ったよ、おかあさん!!やったああ!!とりあえず明日から頑張るよ、そんな感じでした。メイク本は立ち読みしましたよ、ええ。

そこからするようになったお化粧とは

  • BBクリーム塗り塗り
  • チークはアンパンマン
  • 口紅べったり
  • マスカラしておけばいいんでしょ
  • 眉毛はオシゴトの先輩に言われて細くしました
  • 香水?なにそれおいしいの?

松岡修造が側にいたら間違いなく怒られる。

お前それでも本気かよって。

 

自己流メイク、その前に!それって自分の似合う色?

流行っているから、安いから、限定だから。そんな感じで

プチプラコスメ収集をしてしまったこともありました。でもそれって自分に合ってる色味なのか?持ってるお洋服との相性も変わってきちゃいます。

お化粧の前にしておいたほうが良いと思ったのはパーソナルカラー診断。

セルフチェックを一昨年して昨年、実際に診断をしてもらったら全然違いました。

わたしが行った場所は大丸東京さんでした。(+で印象診断も受けました)

dmdepart.jp

わたしは東京に住んでいるのでそこら辺のことしか書けないですが他の百貨店さん(場所にもよります)だとパーソナルカラーが無料なところもあります。

周りのひとたちにウィンタータイプと言われてみたのですがプロの方に実際にやってもらったら実はスプリングタイプでした。(印象診断はキュート)

お似合いのカラーは少し黄みがかった、明るく透明感のあるブライトカラー

コーディネートのポイントは鮮やかな色をとりいれたコントラストをきかせたコーディネート。(明るい色同士の組み合わせも◎)

スプリングタイプと言われましたが、それを主軸にサマータイプでも似合うお色味があったこと 、黄みの強い濃い色、青みの強い原色や暗い色は顔周りに取り入れてしまうと、ぼんやりしてしまうことがわかりました。

まじかよ、と思いましたよ。学生時代は原色しか着ていなかったので。ゆめかわいいと言われていたものを着ていればよかったのか!!と悔やみました。自分の似合う色を知ることで、今まで手に取らなかった色味に挑戦しようかな?とか考えるだけでワクワクしちゃいます。というのも診断の際にドレープを当てられるのですが顔の印象がこんなに変化するものなの?って思ったからです。

大学デビューする前にしてもらうのもいいかもしれませんし就職を控えている方で、まだ自分の似合う色がわからないっていうひとはオススメです。

 

はじめての百貨店化粧品コーナー

ごめんこれも最近(昨年)のことなんだ。

百貨店なんて高校の制服を作りに行ったとき以来だしヨーカドーとかをデパートと勘違いしてたひとですからね…トホホ。そもそも百貨店なんて行かないよ。なんでって?察してよ。

いかんせん化粧品コーナー近辺の(ヴィトンとかあったりするし)高級感ある鼻につく香り、きらびやかな雰囲気は自分には似合わないと思っておりましたが重たい腰をあげてBAさん直々にお化粧のアドバイス

そのときに思ったのは、その時に着ているお洋服やヘアカラーを元にしてしまうことがあるので普段のお化粧とはまた違う感じになることがゼロではないこと。パーティーだとかそういうのに使えそうなプラスアルファなことだとか、自分の苦手としていることはとても丁寧に教えてくれました。わたしは基本的にアイラインはしたことがなくて29歳になってやっとやり方を覚えました(遅いね)

コスメカウンターではアンケートを最初にされました。普段はどんなところのお化粧品を愛用しているだとか、気になってるブランドはあるのかだとか。知らないよ‥

 

どこで買うかはあなたが決めていい

コスメカウンターに行くとメイクの工程で”これから◯◯を△△のように使っていきますね”と丁寧で無料なのが申し訳なくなるほどでした。気になっているブランドのものも使えました。終わった時にどの工程で使ったものが気になったか、など例えばアイシャドウだったら◯◯の何番。と冊子というかメモを頂けます。同じ値段だったら◯◯のアイシャドウはパレッドになっていて販売されていますよ、とアドバイスは有益なものばかり。メモを握りしめて、いざ!!買うか!!と思うものの元々ひとが多いところが好きじゃないので百貨店で購入はせず通販を利用して初めてデパートコスメを揃えました(昨年の話です)その際に持ち物の見直しとしてチークブラシなども購入しました。

無理しないように自分ながらに楽しめばいいと思うんです。デパートコスメにせよプチプラにせよ、お互いに良いところがあります。お財布と相談していかに自分でどのくらいまで楽しむことが大切なんじゃないかなぁ。 

 

スキンケア、エイジングケアってなになに

気づいたときは周りはSK-IIでしたよ、ええ。この間 高校生のオンナノコにウルルンマスクのエイジングケアのほう渡したら喜んでたよ。いつからはじめるものなの?いずれにせよ、早いほうが良いよね。一昨日ウルルンマスクのエイジングケアシリーズ使ってみたら吹き出物が出ました(悲しい)エイジングケアはしてないです。やっぱりお化粧を始めたときはそういうの使わないといけないのかなぁ〜と思ってアベンヌウォーター(まだ使ってます)や肌研のとか色々使っていて、たどり着いたのはラクなもの!主に使ってるのは無印良品の敏感肌用オールインワン美容液ジェル。それまでは化粧水・美容液・乳液・クリーム・パック・化粧下地の役目を果たしてくれる、ちふれの美白うるおいジェルを使ってました。

行きつけの美容院を見つけよう

そんなのあるわ!って言い返されるかもしれないけれど、ホットペッパービューティーだとかで初回とあわよくば2回目も安い!みたいなのよく見かけますよね。わたしも大学2年生に脱1000円カットをして色んな場所で髪の毛を切ってもらいました。美容院は洒落ていて、怖い、話さないといけないというイメージが勝手にあるのですが、いまはサイトで雰囲気もだいたいわかるし便利。でも担当さんがつくと話すのも辛くないし話したくないときは話さなくていいし何より毎回”こんな感じでお願いします”って言わなくても分かってくれる。安心して通える美容院は病院と一緒であっていいと思います。知人や友人に紹介されたところなどなど彷徨って結局いまは家の近所でたまに切ってます。

 

ヘアカラーは出来るうちに楽しもう

カラーやってみませんか?そんな誘惑に乗っかってしまったのが

はじまりだったヘアカラー。初めてしたのは25歳だった。地毛が茶色なのであんまり普通の茶色だと変化がないもので、ときに威嚇と称してハイトーンにしていた時もありました(ひとりでグレてる)節約志向になってしまったので、いまは白髪染めで染めた黒い髪で落ち着いてます。大学生や専門学校に行ってるときだったら自由でいいと思いますよ。親が言わない家柄でしたらだけれど。

コンタクトレンズは怖くはない!!!!

わたしがコンタクトレンズデビューしたときは23歳のころです。

いまの旦那さんにコンタクトのほうが絶対いいよと言われて一緒に眼科に行きました。

メガネも持ってるのですがケチンボメガネなので小さく見えるから!と怒られたのが理由です。小学生のころにしてるひとだっていましたよね?いいなぁと思ってました。

でも実際、異物感はあるのか?目の裏側にだとか怖いはなしを聞くけれど(異物感はあったけど)今のところそんなことはないです。ただ、なんでもそうですが慣れるのには時間が掛かりますね。わたしはいまはたまに使用してますがパッ!と見開いてしまうとレンズが落ちるのでびっこになってるのに気づかないで取ろうとすることもしばしば(おめめさん、ごめんなさい)ドライアイなら目薬は必須だし花粉症シーズン以外にもアイボン作ったひと凄いなぁと思います。

 

何かの記念でやってしまった編

わたしは25歳になった記念にピアススタジオでピアスを開けてもらいました。

高校のときにクラスメイトに左耳だけ針で開けてもらったんですけれど

(真似しないでね)母親にキィーって言われてしまって、そのままにしていたら塞がりました。もういいだろう、って両耳にひとつずつ開けて。おしゃれをすることが楽しくなりました。金属アレルギーを持ってる人でも対応しているピアスもありますし、いまはいいですね。

 

話題がずれてしまいますが、たまたまご縁がありADDICTIONのシーズン紹介に行った際にAYAKOさんに直接ご指導をして頂けたのは わたしのなかでとても貴重な体験でしたし役立っていること、いまもおすすめされたアイラインは愛用してます(お肌を褒めて頂けたの嬉しすぎました) 

 普段とまったく違う雰囲気で書いてしまいました。長文・乱文失礼いたしました。最後まで読んで下さった方いたら飴あげたいです。

だいたい最近のことですが、なんでも行動は悔いのないうちにですね。読んでくれるひといるかなあ、◯◯編って書いちゃったから次どうしよう。ではまた〜

 

広告を非表示にする