読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少しずつ削れてく純粋すぎる時。

それは、うたかたの日々

2人は親友でもあり家族でもある

日々のヒビ 果てしない たわごと わたしのこと

f:id:she_through_sea:20170312133920j:image

すみません、また日にちが空いてしまいました。

はてなブックマークの返信にTwitterを使えば良いのかな?と思い

始めてみましたが(はてな以外のひとからピックされているのは分かりました)

はてなブログサービス開設時とやり方が変わっているのだと思った今日このごろ。(コメントに投稿するよりブックマークにするのが流行ってる?)どちらにせよコメントや反応があると単純な人間なので飛び跳ねてます。

書いてないあいだ色んなことがありました。物凄い突然、自分でも理解が追いつかない深層心理のことで、こころがぐらついてる感じです。彼とは10年の付き合いですが(お友達の期間を含めて)お互いに知らないことだったので戸惑っておりました。やっぱりお休みが少ないので時間は貴重で幸せだと思ってもすぐ、その気持ちは通り抜けます。

眠る前にはよく話し合いとかになるのですが、(物事は話すこと、日常的に会話されることによって風化して忘れられていくとも言われる)悩みは話した方がいいというのは多角的に見て客観視して納得はしなくても、もう脅威ではないことを確認する必要があったなって。多分これ以上わたしのことを理解してくれるひとっていないんだろうなって思います。わたしの場合は様々のことを箱に隠しているし。それを言ったら彼もそうで。お互いに良い意味でも悪い意味でも色んなこと知ってるんだと思います。”ここだけでは外での仮面をつけないでいて、いいよ”という場所を作ったというか。親友はいたのですが、お互いの家庭環境や様々なことのバッググラウンドまで知っている親友って多分、彼というか旦那さんだけかもしれない。彼もまた同じように。多ければいいとは決して思っていなくて。理解者がいるだけ良いんだと思います。わたしの過去の問題は確実に快方に向かっているし眠っているポテンシャルも出せるんじゃないかなって最近、言われています。

ではまた〜

広告を非表示にする